• 受験情報
    公認心理師Gルート受験資格審査についての情報。
    2018年5月31日
  • 勉強方法
    公認心理師試験勉強法:過去問集を作成する。
    2019年2月6日
  • 第1回追加試験解説
    第1回公認心理師試験(追加試験)問107解説
    2019年2月17日
  • 受験情報
    公認心理師試験受験願書提出にあたって、追加書類提出案内が届いた理由を考える
    2018年8月2日
  • 受験情報
    公認心理師受験資格審査の結果、受験できないとされた場合の今後
    2018年7月31日
  • 受験情報
    北海道追加試験合格発表から、第2回公認心理師試験を予想する。
    2019年2月5日
  • 受験情報
    公認心理師試験をG902ルートで受験される方。開業届と確定申告書は必ず準備!
    2018年6月7日
  • 受験情報
    公認心理師試験合格に必要な勉強時間は?
    2019年1月30日
  • 受験情報
    私設相談室(個人)の公認心理師試験受験へのハードルの高さ
    2018年8月1日
公認心理師試験受験願書提出にあたって、追加書類提出案内が届いた理由を考える

サイコロ次郎です。
2018.8/1現在、G902ルートでの受験資格審査の結果通知は届いていません。

下記エントリーで述べたように、私の場合は願書提出後に、追加書類提出の案内が届きましたが、こちらが届かずに審査がなされてしまい、受験資格が無いとの通知が届いている方もかなりいらっしゃるようです。

公認心理師試験をG902ルートで受験される方。開業届と確定申告書は必ず準備!
2019.2.6
サイコロ太郎です。 公認心理師試験の願書を出して早1週間。 審査資料追加の指示が届きました。 普通なら、ああ、どれどれ。急いで提出しよう。 となるところですが、 今回は別。 複数回に渡って確認したこと...

私も現時点ではまだ受験できるかどうか分かりませんが、少なくとも「追加書類提出案内」が送付されたということで、私が願書を提出する際に行ったことについて解説してみます。(あくまでご参考までということでお願いをいたします)

サイコロ次郎が願書提出の際に行ったこと。

1.受験要件を満たす書類の内容についての電話確認
・開業届の職業欄の記載内容について
・開業届がない場合には再発行が必要かどうかについて
個人事業主のため、開業届がほとんど唯一の公的証明書類となりますので、こちらについて確認を行いました。
その結果、5/28時点では、「ホームページをプリントアウトしたものを送付するだけで良い」という回答を得ていました。

2.送付状に「担当者から言質を得ているが、追加書類が必要なら連絡が欲しい」と記載
・送付状に「お電話で対応頂いた担当者様のご回答は、ホームページの写し以外不要ということでしたが、審査に必要な場合は追加証明書類を提出しますので、ご連絡ください」と記載し、追加書類が必要な場合は連絡を行うように促した。

以上です。

審査の手順に関しての考察

本来、こういった記載の有無に関わらず、不備がある場合は全ての方に案内をすべきだと思いますが、そうはならなかった理由を考えてみました。

この受験資格審査に関しては、

形式的審査で不備(書類不足等)がある→追加書類提出案内→本審査(実態・内容審査)→受験資格有無判定
形式的審査で不備(書類不足等)がない→本審査→受験資格有無判定

という審査手順になっている可能性が高いのではないかと考えています。

その点も考慮し、窓口担当者の事務負担が増えるため、本来は好ましくはありませんが、まずは電話にて担当者に確認を取り、「〇月〇日窓口担当者と電話相談済である」旨と「審査で万一要件が満たされない場合は、その他の証明書類も準備・提出するので、必ず連絡をしてほしい」旨の送付状への記載をお勧めします。

また、受験票が届いた場合は、追加書類提出案内が届いた以後の流れについても解説していきたいと思います。

関連キーワード
受験情報の関連記事
  • 北海道追加試験合格発表から、第2回公認心理師試験を予想する。
  • 公認心理師試験合格に必要な勉強時間は?
  • G902ルート再審査:日本心理研修センターは試験機関として猛省を。
  • 精神保健福祉士や産業カウンセラー、法務教官に公認心理師の受験資格はある?
  • 公認心理師試験受験願書提出にあたって、追加書類提出案内が届いた理由を考える
  • 私設相談室(個人)の公認心理師試験受験へのハードルの高さ
おすすめの記事